山村国際高校では電子黒板を使用した授業・全生徒へのタブレット導入等、ICTを活用した情報収集・選択のスキルやリスク管理を学び、ICTリテラシーを身に付ける指導を行っております。

電子黒板導入

電子黒板を導入し、視覚的に分かりやすく授業を展開することで主体的に学び、考える力を伸ばします。

タブレットの導入

3年間、1人1台タブレットを利用できる環境です。
学校の授業や自宅での活用等を通して「情報活用能力」を高めていきます。

オンライン授業の導入

新型コロナウィルス感染予防の為の登校自粛時でも生徒が自宅で学習できる環境が整っています。

緊急事態宣言が発令されていた期間にも、各コース・学年・教科毎にYoutube動画やパワーポイントなどを使用したオンラインでの授業を実施致しました。