地道な努力・精進を【令和元年3学期】

頑張れ 山国生

校長 中山 達朗

本日をもって第3学期が終了し、明日から学年末休業・春季休業に入ります。
時は「平成から令和」へ移り、「令和元年東日本台風」による近隣地区の甚大な被害、「新型コロナウイルス」による臨時休校など今までに体験したことのないことが幾つもありました。
一日も早い完全復興、完全終息を願うばかりです。

そんな中、1年生は初めての高校生活、2年生は後輩を迎えての生活、それぞれが違った立場から1年間を過ごしたことと思います。

さて今回の校長だよりは、「結果」と「継続」についてです。
スポーツでも勉強でも仕事でも良い結果を求めるものです。
しかし、世の中結果がすべてかというと決してそうではなく、良い結果を残せることにこしたことはありませんが、残せなかったとしてもそれぞれの人の価値が失われるものではありません。

しかし、人は思うように成果が上がらないと、自分はそのことに向いていないのではないか、他のことをやったほうが良いのではないかと心を悩ませます。

自分に向いているかどうかは簡単には分かりません。
また、向いていなくてもやらなければいけない場合や向いていると思ってもやれない場合もあるということです。

大切なのは、努力・精進を重ね、自分の精一杯の力量を示すことです。
これ以上できない、最善を尽くしたといえるところまでやってみたなら、結果は二の次で良いのではないでしょうか。 ですから、いたずらに心を惑わさず、目の前のことに没頭し、こつこつやることも結果への道でしょう。
むしろ、懸命に頑張っても思うような結果が得られなかったという挫折感、悔しさを味わうことも人間的な成長を図る上では必要なことです。
どれだけ力を出し切り、どれだけ失敗を経験したかが、皆さんの成長の糧となるのです。

結果にこだわりすぎず、地道にやっていくことが自らの夢の実現や大輪の花を咲かせることにつながるのではないでしょうか。
継続して取り組んでいくことが遠回りのようですが、近道なのかも知れません。腰を据えて諦めずに目標に向けて頑張る姿が尊いと思います。

生徒の皆さん一人一人がもつ能力・特性は素晴らしいものがあります。
今年一年間の取り組みがどうであったかを振り返り、来るべき令和2年度では一層成長して欲しいと思います。

保護者の皆様には、令和元年度本校の教育活動にご理解・ご協力を賜り誠にありがとうございました。
厚く御礼申し上げます。
新年度におきましても引き続きのご支援よろしくお願い申し上げます。

それでは、今後「新型コロナウイルス感染症対策」に基づく対応の変化については、学校からのメールやHPを注視して情報を確認してください。
そして、健康には十分に留意して、有意義な時間を過ごしてください。

令和元年度修了式(令和2年3月21日)