生物部『サイエンスキャッスルTV』にアップロードされました!

生物部です。「サイエンスキャッスル2017(東北大会)」におきまして、オーラル発表で「弘前大学COI賞」を受賞いたしました新井さんの『マウス腸内フローラから健康食品の機能性を探る』の研究ですが、昨年11月に経済産業省の「EdTech※」実証事業に参加しておりますリバネスより、中高生のワクワク感を喚起する「未来の教室」の取材(動画撮影)を受けており、この度、「サイエンスキャッスルTV(研究動画)※」としてYou Tubeにアップロードされました。

 

※「EdTech(エドテック)」:「Education」と「Technology」を組合せた造語で、能力開発技法を指しています。これは、ICTやAIの出現により、日本社会が「第四次産業革命」を迎える中、これからの社会では従来には無い、新しい人材育成のための教育が求められているからです。そこで、昨年の5月より経済産業省が新しい学びの社会システムである「未来の教室」の実現のため、この教育プログラムの実証実験を具体化する事業者の第1次公募を開始し、昨年7月にリバネス等の採択事業者が発表され実証事業に参加しています。なお、この「未来の教室」ですが、2030年頃には誰もが学べる姿を想定しています。

※「サイエンスキャッスルTV(研究動画)」とは、リバネスが主催する「サイエンスキャッスル(中高生による学会)」で優秀賞を収めた研究をYou Tubeで紹介しています。オープニングのアニメーションと共に、視聴した中高生に、サイエンスの魅力や研究の楽しさを身近に感じてもらい、「もっと知りたい」・「自分でもやってみたい」と、ワクワク感を喚起する動画として作製されています。

 

サイエンスのワクワクを動画でお届け 「サイエンスキャッスルTV」