生物部『サイエンスキャッスル関東大会』参加しました!

生物部です。12月21日(土)~22日(日)の両日、武蔵野大学 中学校・高等学校(西東京市)で催されました「サイエンスキャッスル関東大会」に参加いたしました。

この「サイエンスキャッスル関東大会」とは、日本で最大規模を誇る「中高生のための学会(研究発表会)」です。そして、全国を4ブロック(東北・関東・関西・九州)に分けて催されます。今回、生物部が参加したのは関東大会で、テーマは「アイデアと課題をぶつけ合おう」として、過去最大規模となる119件の応募があり、この中から12件がオーラルセッション、そして残りの107件がポスターセッションとなりました。また新しい企画として、22日(日)に問題解決志向の研究に絞った「テクノロジーアイランド」賞が新設されました。

生物部は、21日(土)に6件のポスターセッションを行い、翌22日(日)には、「テクノロジーアイランド」賞に推薦を受けた2件のポスターセッションを行いました。残念ながら優秀賞は逃してしまいましたが「研究奨励賞」を頂きました。また会場内では、他校の多彩な研究に触れることは勿論、パートナーの大学や企業のブースもあり、まるで三日も早くクリスマスが来たようなワクワク感にあふれる二日間を過ごすことができました。ありがとうございました。

 

武蔵野大学中学校・高等学校 正門前(さあ、発表だ!)

 

稲田さんのセッション!(女子必見!マウス腸内フローラから痩せる乳酸菌チョコ発見!)

 

田中さんのセッション!(加工抗菌食材の食中毒原因におよぼす抗菌効果)

 

工藤君のセッション!(腸内環境改善のためのプロポリスの活用)

 

村田君のセッション!(催唾剤によるマウスの唾液からストレス評価の試み)

 

髙野君のセッション!(ペーパーディスク法によるヨーグルトの抗菌効果の測定)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今井君のセッション!(ヤーコンによる糖尿病マウスのインスリン抵抗性の予防)

 

「サイエンスキャッスル要旨集(4会場すべての要旨:162頁)」